トップページ施工アルバム| 「<東京都青梅市>のびのび走り回れるドッグガーデン」

head

<東京都青梅市>のびのび走り回れるドッグガーデン

line

こんにちは。お庭と外構を素敵に変える ビズガーデニング株式会社 スタッフの粕川玉青です。アイコン

この度、東京都青梅市でわんちゃんのためのお庭リフォームをさせていただきましたので、ご紹介します。

施工前の写真がこちら。

【施工前写真1】

【施工前写真1】

【施工前写真2】

【施工前写真2】

S様のご希望は・・・

・愛犬と触れ合えるお庭にリフォームしたい
・シンボルツリーはハチが来にくい常緑の樹木を希望
・掃き出し窓からお庭に出れるようにステップがほしい
・立水栓は犬のために使いやすく、おしゃれなものに交換したい

とのことでした。

のびのび走り回れるドッグガーデン

そして、施工後の写真がこちらです。

【施工後写真1】

【施工後写真1】

ドッグガーデンでおすすめしている床材は人工芝。
天然の芝だと、ワンちゃんがおしっこをしたり走り回ったりしているうちに芝が痛んでしまいます。
今回のS様邸では、ワンちゃんの足に優しい質感と、丈夫さから庭の大部分を人工芝にしました。
以前のお庭に比べてシンプルではありますが、全体のすっきりとした雰囲気もまたいいですね~(^.^)

2018.5.7-3

【施工後写真2】

また、ドッグガーデンで欠かせないものとして、囲いと扉があります。
お庭の出入り口と裏側になる場所にLIXILのハイグリットフェンス・門扉N8型を設置しました。
H1.0mのフェンスなら、小型犬を安心して放すことができますね。

【施工後写真3】

【施工後写真3】

また掃き出し窓には、セランガンバツと化粧ブロックを使って2段のステップを設置しました。
セランガンバツは、屋外で15年以上もつ高耐久の天然木。
メンテナンスの必要がなく、ナチュラルな雰囲気にもなるので、当社でも人気のステップです。
お庭にも出やすくなって便利になりました!

ステップ周辺はエスビックのアクシアサークルと既存のコンクリート平板を敷いてちょっとしたテラススペースをつくりました。
人工芝はワンちゃん用ですが、こちらはご家族のためのスペース。
お庭で遊びまわる愛犬を、こちらのステップに腰かけて見守ることができます

人とワンちゃん、両者にとって使いことも、ドッグガーデンにおいて大切なポイントとなりますね。

 

2018.5.7-2

【施工後写真4】

また、立水栓をおしゃれなものにしたい、というご希望がありましたので、TOSHINのアーバンⅡ という商品に交換しました!
パンはわんちゃんの足が洗いやすいよう、トレビフラットというパン
を設置。
見た目と使いやすさがバッチリなので、ワンちゃんとのガーデンライフがより快適に、楽しくなりますね~!(^O^)

【施工後写真5】

【施工後写真5】

既存のレンガを丸く積みなおし、
シンボルツリーとして新たにシラカシを植栽しました。
全体的に人工物が多くなってしまいましたが、やはりお庭に植物は必須です。
お庭としての心地よさを演出するという意味もありますが、やはりワンちゃんにとっても天然の植物との触れ合いは大切。
木陰の涼しさ、葉っぱがそよぐ音、香りなど、ワンちゃんが五感を使って自然を楽しむを環境をつくってあげましょう☆

S様、この度は当社に工事のご依頼をいただき、誠にありがとうございました。

お庭や外構のことで何か相談したいことなど出てきましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいね
これからがS様と当社の本当のお付き合いの始まりです。
末永いお付き合いを宜しくお願いいたします。ありがとうございました!

line

ビズガーデニングHP トップページはこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓
 埼玉県坂戸市・外構エクステリア&ガーデンデザインの ビズガーデニング株式会社  

スマホの方はタップすると電話がかけられます
↓ ↓ ↓
049-280-4128

head