“049-280-4128電話番号"
*
ビズガーデニングのお店
ビズガーデニングのお庭と外構の施工例
ビズガーデニングの楽しいイベント情報
*
お問い合わせ
「ビズメール」で
最新のイベント情報やお得な情報をお届けします。
こちらからご登録くださいね。
お名前
メールアドレス
*
*
ご利用後一ヶ月たっても
メルマガが届かない場合、
お手数ですが
otoiawase@biz-garden.com
までお知らせください。

follow me
by Marshmallow Studio
head

2009.09.25 Friday

益虫と害虫

line

 浅野栄二です。

これは当社の資材置場に住んでいるカマキリのかまちゃんです。
そしてこれは、

同じく資材置場に住んでいるカエルのかえちゃんです。
どちらも資材置場の番人として育成中の植物を害虫から守ってくれています。
害虫というのは、いわゆるイモムシやアブラムシなど、
植物の葉を食べたり汁を吸ったりしている虫などですが、
彼らを害虫と呼ぶのは非常に人間目線の差別的な行為です。
でも、やっぱり育てている植物が食べられてしまうのは悔しいので、
何とか植物を守りたい。
でも殺虫剤などを使った殺生はしたくない。
そこで登場するのがカマキリやクモなどの益虫とカエルやトカゲなどの小動物。
彼らが食べてくれれば自然の摂理にかなった害虫退治になります。
ラッキーなことに、当社の資材置場は林の脇にあるので、
カエルもトカゲもクモも、うようよいてくれます。
唯一いなかったのがカマキリなので、
仕事中、お客さんの庭でカマキリの卵を見つけては持ち帰り、
置場でふ化させて仲間にしました。
そうそう去年の春、車を運転していたら、
車内でいきなり何百匹ものカマキリの赤ちゃんに襲撃される事件が起きました。
なんと、数ヶ月前にお客さんの庭で見つけたカマキリの卵を、
そのまま車の中に置き忘れていたのでした。
もちろん1匹1匹捕まえて置場に放してあげました。
半日かかりました。
<本日のポイント>
皆さんも、むやみに殺虫剤などを使わず、
害虫退治はカエルやトカゲやカマキリやクモに助けてもらいましょう。
そうそう害虫と言えば、当社の置場には、時々スズメバチがやってきます。
しかし、スズメバチを食べてくれる番人はいないので、
虫だけに無視して(・・・)やり過ごしています。
ちなみに、仕事中もよくスズメバチとハチあわせ(・・・)になりますが、
私は一度も刺されたことはありません。
コツは簡単です。
スズメバチの目を見つめながら、
「俺はいい奴だから、君に危害は加えないからね❤」と
心の中で念じるのです。
すると、ハチは「よし分かった!と言ってどこかに行ってくれるのです。
一度お試しあれ。

at 20:55, その他
head