“049-280-4128電話番号"
*
ビズガーデニングのお店
ビズガーデニングのお庭と外構の施工例
ビズガーデニングの楽しいイベント情報
*
お問い合わせ
「ビズメール」で
最新のイベント情報やお得な情報をお届けします。
こちらからご登録くださいね。
お名前
メールアドレス
*
*
ご利用後一ヶ月たっても
メルマガが届かない場合、
お手数ですが
otoiawase@biz-garden.com
までお知らせください。

follow me
by Marshmallow Studio
head

2011.01.27 Thursday

ディーズガーデンのFRP製品ができるまで

line

こんにちは。
店長の浅野ゆみです。
今日は、先週ディーズガーデの研修会で学んだことの中から
「FRP製品のできるまで」をレポートいたします。
ちょっと難しい  かもしれないけど、ディーズガーデンユーザーの方は必見ですよ 
まず、ディーズガーデンとは傳來工房というメーカーのエクステリアブランドです。
で、その傳來工房は、
「平安時代からの千百年。
弘法大師が唐から持ち帰った鋳造技術を使い、
京都の寺社仏閣に、青銅製の装飾金物を納めていました。
今もその技術を活かし、全国の寺社仏閣に、
また皇居や赤坂迎賓館をはじめ各地有名建築物に製品を納めています。」
(傳來工房のHPより)
という非常に長い間、最高の技術を受け継いできた伝統のある企業なのです 
ですから、その技術を活かしたディーズガーデンのFRP製品の品質の高さは折り紙付なのです。
「FRP」とは・・・?
繊維強化樹脂のことで、使う繊維がカーボンならレーシングカー  や新幹線  、ジャンボジェット  などに利用されます。
軽くて丈夫なことがお分かりいただけると思います。
ここでは、ガラス繊維で製品を作ります。
さて、前置きはこのくらいにして 
ディーズガーデンの物置「カンナ」や、かわいいポストなど
FRP(繊維強化樹脂)製品はフィリピンの工場で作られています。

ここでは全ての製品はひとつひとつ手作りしています。
この時代、なぜ、手作りなのか・・・ 
バスタブのようにツルンとしたものなら大量生産できるものもありますが、
ディーズガーデンの商品は非常にデリケートな質感を表現しているので、
機械による大量生産はできないのです。
ですので、「FRPハンドレイアップ製法」という作り方で丁寧に作られていきます。

このようなシリコン型に表層部の塗料を2回ほど塗り、
ガラス繊維のシートを合わせて、樹脂を流し込みます。
それから脱泡作業という、FRP成型時に樹脂を含浸させたマット内の空気を抜く作業をします。
ローラーなどで空気の泡をまんべんなく抜いていくのです。
空気が残ると強度が下がるので、細かいところまで慎重に抜きます。
再度ガラスマットを合わせ、樹脂を含浸させ、脱泡作業を繰り返します。
乾燥したら型からはずして、バリ取り作業をします。

出来たものは、目で見て品質を点検。
それから塗装作業になります。

もちろんハンドペイントです。
アクリルウレタン塗料を使用しているので、耐候性が高いのです。
リアルな質感を表現するために、例えば「カンナ」物置なら
塗料の色は4~6色変えて重ねていきます。
しかも、塗料をわざとこすり落としたり、また塗り重ねたり・・・ 
すごいこだわりです。
最後にUVのトップコートを施して完成となります 
この製法では世界トップクラス  の技術を持っている傳來工房ですが、
1つの製品をつくるのには塗装も含め1~2週間はかかりるそうです 
ひとつひとつ大切に作られたと思うと、一層愛着がわいてきますね 
 ビズガーデニングHPはこちらからどうぞ 

at 14:12, 商品情報
head