“049-280-4128電話番号"
*
ビズガーデニングのお店
ビズガーデニングのお庭と外構の施工例
ビズガーデニングの楽しいイベント情報
*
お問い合わせ
「ビズメール」で
最新のイベント情報やお得な情報をお届けします。
こちらからご登録くださいね。
お名前
メールアドレス
*
*
ご利用後一ヶ月たっても
メルマガが届かない場合、
お手数ですが
otoiawase@biz-garden.com
までお知らせください。

follow me
by Marshmallow Studio
head

2014.11.11 Tuesday

基本のキの字、建築基準法

line

こんにちは。

埼玉県坂戸市・外構エクステリア&ガーデンデザインの ビズガーデニング株式会社 代表の浅野栄二です。

エクステリアのお仕事をするうえで、守らなければならない法律はいろいろあります。

その中でも、お客様に直接関係してくるものであり、

デザインするうえでも特に注意を要するものが「建築基準法」です。

お客様からもよくこのようなご質問をいただきます。

「カーポートやガーデンルームは建ぺい率にひっかかりますか?」

これはどういうことかというと、

カーポートやガーデンルームは建築物なのか、

そうだとすると、建ぺい率をオーバーしてしまい、

問題なのではないか、というご質問です。

結論から言うと、カーポートもガーデンルームも建築物です。

平たく言うと、屋根のあるものは建築物です。

ですから、物置もそうです。

建ぺい率=建築面積/敷地面積

建ぺい率はお住まいの地域によって決められています。

一般的にはお家の完了検査のあとに

カーポートやガーデンルームを設置する場合が多いので

それほど大きな問題にはなっていませんが、

あとからペナルティが課せられる可能性は十分にあります。

また最近、航空写真から建築物に追加があるかを見つけ出され、

固定資産税が増えた、なんていう別の話も聞きました。

お客様がそのことをご存じのうえで工事をしたのかどうか、

施工業者としての責任が問われるところです。

こんな記事を書くと、仕事が減ってしまいそうですが(笑)

事実をきちんとお知らせすることも大切な仕事です。

・・・これは建築基準法のほんの一例ですが、

このようなことも含め、ビズでは勉強会を行っております。

今回の勉強会のプレゼンターは粕川です。

建築基準法についての勉強会の様子

<建築基準法についての勉強会の様子>

埼玉県坂戸市・外構エクステリア&ガーデンデザインの ビズガーデニング株式会社

at 11:07, 風のたより お店NOW
head